金融

金融業界とはなにか?

金融業界、というと銀行、保険、信用金庫、証券会社、リース会社といったものがあります。
それぞれに行っている業務や目的は異なりますが、お金の流れに関わる仕事である、ということでまとめられることも多いのでしょう。
証券にしても、銀行にしても、保険にしても、お金をどのように動かして利益をあげるのかということは共通しています。
この業界に精通するということは、個人の資産運用にもかなり有利に働くことになりますね。

金融業界、という仕事について。

お金を動かす、ということはすなわち世界を回していくことにも繋がることですから、その達成感ややりがいはかなり大きなものがありますよね。

銀行は、お金を預かり必要な時にお渡しする、それだけではなく、預かったお金を運用し、利益を上げることでも業務が成り立っているわけです。
もちろん、それぞれの機関によっても、担当する部署によっても、業務の内容はかなり異なりますので、転職活動を行う際には、「どの部署に応募したいと思っているのか」「応募する機関はどういったところなのか」「どういった人材が求められそうか」ということは把握しておくとよいでしょう。

面接で有利になるだけではなく、後に入社後、ご自身でやりがいを大きく感じて仕事にむかうためにも重要なポイントになるのではないかと思います。

お金に関わる仕事ですし、自分のお金の管理とはまったく違う視点での正確さが求められることになりますね。

その上で顧客とのコミュニケーション能力や、事務処理能力、といったことも求められることが多くなる業界になります。

関連ページ:金融の求人|外資系企業への転職・求人はISSコンサルティング