英語を活かせる仕事

■英語を活かせる仕事
英語を日常会話レベル、ビジネスレベルで話せる方は、転職の選択肢が広がります。
英語を活かせる仕事は、通訳・翻訳、貿易事務、英文事務、語学教師、海外営業、海外サポートなどがあります。

■ホテル業界・旅行業界
ホテル業界や旅行業界でも英語力が求められ、特にホテルでは外国人のお客さんのおもてなしが必要となるため、大手外資系ホテルでは英語力を応募資格としている場合が多いです。
英語ができないとホテルで働けないわけではありませんが、英語力はあるに越したことはありません。
海外で英語力を活かせる仕事として、ツアーコンダクターも選択肢のひとつになります。
ツアーコンダクターになるには一般旅程管理主任者の資格が必要となりますが、日本旅行業協会などが実施している研修を受けることで取得ができます。
ツアーコンダクターには日常会話がスムーズにできる英語力だけでなく、正しい日本語を身に付けることも求められます。

■貿易事務・英文事務
税関など輸出入に関する業務が主な仕事で、話すことよりも読み書きが得意な方に向いています。
貿易事務では英語力だけでなく、貿易取引の決まりや外国為替についての知識も求められます。
TOEICのスコアは650以上が目安で、貿易実務検定や通関士の資格を持っていれば転職の際のアピールポイントとして有利に働きます。
英文事務は電話やメールでの対応や、書類作成などが主な仕事で、TOEICのスコアは同じく650位上が目安です。

■外資系企業
外資系企業で英語を活かせる仕事は、マーケティング、営業、事務、経理、コンサルタントなどがあります。
TOEICのスコアの目安は600以上、職種によってマーケティングの知識であったり会計の知識であったり、英語以外に求められる知識もプラスされます。
海外のお客さんの問い合せの対応や営業では、語彙力だけでなく英語でのコミュニケーション能力が求められます。