技術・開発・研究・品証

モノづくりがしたい!!という方の転職先におすすめなのは・・・?

技術・開発・研究・品証という業種はまさに”もの作り”を行う為の部署でもあります。
商品やサービスを開発し、その為の研究を行い、世に出すための品質保証を行う。
企業として商品やサービスを世に送り出す、その為の大切な部分を担う部署ですから、知識やノウハウはもちろん、正確性、忍耐といったこともとても重要になってくるお仕事だといえそうです。
ですが、物を作る、その苦しみも、喜びも最初に感じることができる業種であることは間違いありません。

技術・開発・研究・品証とはどういう仕事なのか?

技術というのは、商品やサービスを生み出すための”術”を研究し、開発していく部署になります。
開発とまとめて”技術開発”という部署になっている企業も少なくありません。

品証というのは”品質保証”のことで、製造した商品やサービスの品質が確かなものであることを証明するための部署ですから、チェックはもちろん、どのように品質の保証を行えば大丈夫といえるのかといったことも考える必要があります。

研究もよく開発や技術と一緒の部署になっていることが多いですね。
”技術開発”や”開発・研究”となっているのをご覧になったことはないでしょうか?

モノを生み出すための研究を行う、そして研究の結果が成功となれば開発し・・と商品化へと近づいていくことになります。

この部署で仕事を希望するにあたり特別資格を求められることはないのですが、やはり実務経験者は優遇されることが多くなるでしょう。
また新卒の場合には学部なども重視されます。
転職活動に際しては、応募する企業・部署にどのような人材が求められているのかを知る、ということがかなり重要だといえます。

関連ページ:設計開発・技術・生産管理・品質管理の求人|外資系企業への転職・求人はISSコンサルティング