外資系企業へ入社するために必要なTOEICスコアについて

外資系企業に就職する場合、基本的に社内公用語は英語となります。日本人の多い職場では、意思疎通を円滑に行うために日本語を使うこともあるようです。しかし仕事をする上で英語がメインの言語となりますので、読み・書き・会話が出来て損をすることは無いでしょう。では各外資系企業において、どの程度の英語力が必要になるのでしょうか?まず一般的な最低ラインは700点だと言われています。会社規模や業種、雇用形態を問わずの点数です。また業務上でコミュニケーションが必須の部署を希望しているなら、800点は欲しいところです。最近では国内企業でも、部署によってはTOEICスコア800点以上を最低条件に掲げていますので、外資ならば当然のスコアと言えるのかもしれません。世界を代表する大手外資系企業になれば、TOEICスコア900点以上を採用時の条件に加えているケースもあります。例えば韓国サムスンがそうです。ただし外資系企業におけるTOEICスコアとは、入社における最低限の条件でしかありません。もしも900点以上の得点を保持していても、それだけで就職が決まるわけではないのです。完璧な英語力を身に付けていなくても、日常会話に支障の出ないレベルであれば、仕事をしながら現地で学んで欲しいと大半の企業は考えています。外資系企業は日系企業と比べて、人材の有する能力や長所をより重要視していますので、TOEICスコアが700点だからダメだと気落ちしないようにしましょう。